上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本ではお正月に各家庭の軒先に「しめ縄飾り」を吊るす。

なぜか、私はこのしめ縄飾りってやつが大好き。

年末には車をピカピカに磨き上げた上で、
フロントグリル正面にしめ縄をつけるのが毎年恒例の行事になっていた。

この「しめ縄飾り」ってやつ。
関西と関東では様子が違う。

これが私が慣れしんでいる関西のしめ縄飾り。

関西しめ縄飾り

関東で良く見るしめ縄飾りはこんなやつ。

関東しめ飾り

関東のしめ飾りは紅白の色紙や海老やら鯛やら色々盛りだくさん。
かなりド派手で私のイメージするものとは全く違う。
シンプルな関西風しか私は認めないんだけど・・・。

で、アメリカで軒先に飾るものといえば「クリスマスリース」。
仏壇屋の息子のくせに、ライバル宗教の魔の手にかかり
我が家でも玄関のドアにリースをかけている。

先日、衝撃的なリースの飾り方を見た私。

RVクリスマスリース

「フロントグリルにクリスマスリース」!!

しめ縄飾りに変わるニューアイテム登場!
アメリカンなしめ縄飾りといえばこれだな、やっぱり。

これやりたい。やるべき。やらねば。

私 :「でっかいリースをJetta(相方車)に飾ろうよ。」
相方:「イヤだ。誰かに見られたら恥ずかしい。」

そもそも考え方が間違っている。

「しめ縄飾り」や「クリスマスリース」を車に飾る目的は、
周りの人々に注目してもらうため。
見られることを喜びに感じるようにならないと。

来年は「特大のクリスマスリース」を相方車に飾ってあげよう。(笑)

人気blogランキング参加中!
ここ↓1日1クリックしていただけるとうれしいです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fostercity.blog47.fc2.com/tb.php/306-4459f50e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。