上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2万3,000マイルを超えた我が愛車アコードクーペ。
1年半で2万3,000マイル(約3万6,800キロ)ということは月間2000キロ
月~金しか乗らないのにかなりの距離を走破してきた彼。

オイル交換

その立派な功績を称え、更にその労に報いるため、
今日はエンジンオイルを交換に行くことに。
アメリカだと3,000マイル(4800キロ)で交換が理想らしい。

日本だと3,000キロが目安と言われているオイル交換。
距離を走ることの多いアメリカでは3000キロだと
交換サイクルが早くなりすぎてしまうのかな。

Jiffy Lube

次回のディーラー点検は30,000マイル到達時なので、
今回のオイル交換はサンマテオにあるjiffy lubeで。

ここはエンジンオイルの交換やバッテリー、タイヤ空気圧の
チェックなど、車のメンテナンスをしてくれる全米チェーン店。
これまでこのjiffy lubeで5回オイル交換をしている私。
いつも思うのは日本と比べたオイル交換料金の高さ。

オイル交換(1番高いSynthetic Oilだけど・・・)、
ついでに車内清掃、空気圧チェックなどなどで税込60ドル(約7200円)。
日本だと同じSynthetic Oil(化学合成オイル)が約5000円。
オー○バックスのオイル会員(年間515円)になると工賃無料。

そう考えるとちょっと割高な気はしなくはないけど、
自分でオイル交換などしたくないので文句は言えない・・・。

DIY(Do It Yourself)が当たり前のこの国で、
楽をしようとすると高くつく。


そんなことを思った土曜日の午後なのでした。

人気blogランキング参加中!
ここ↓1日1クリックしていただけるとうれしいです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://fostercity.blog47.fc2.com/tb.php/308-6dba9fb0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。